・腸精神シャンプーの方策
腸精神シャンプーなんていわれると、疾病の手当みたいでなんだかちょっと異議を感じてしまいませんか?それでも実際はもちろんオペや診察の感じではなく、信頼できる病棟でふさわしい受診を受けてから腸精神シャンプーを行えば決して危険なものではありません。腸精神シャンプーというのは肛門から温水を投入して腸にたまっていらっしゃる毒素を流すという方法で行なうものです。温水はだいたい体温とおんなじぐらいと考えていいのですが、28℃ぐらいから40℃ぐらいで気温を変調させて行なう病棟もあります。人のメソッドを借りて温水を投入していくわけではなく、トータル装置で自動的におこなわれます。まず腸内に温水を満たしていきます。雰囲気としてはなんだかあたたかいなと言うぐらいだ。先排水にかわります。ここで水圧で腸バリアーにこびりついたり、たまって掛かる気体などを一気に排出していくのです。そうしてまた投入、排泄を行う。病棟にもよりますが、だいたい30~40食い分ぐらいこういう投入と排泄を繰り返していくというわけです。腸の動きを諦めるのではないか、とか抵抗の動きをするのではと思うかもしれませんが、モチベーションというか、お手本的動きをしてあげるため、腸本来の動きを取り戻せるということです。腸精神シャンプーで大切な腸を正常にしてみませんか。ユーグレナ・ファームの緑汁のセットの内容はこちら